豆乳を飲み始めてどれくらいで効果がでるか?

 

 

朝・昼・夜の食後に豆乳を飲む、入浴前と入浴後に豆乳を飲む、夜の就寝前に豆乳を飲むなど胸を大きくバストアップするために豆乳を毎日飲んでいる女性が増えています。これは豆乳にはバストアップ効果があるという情報が出回っていることからです。

 

実際、豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。そして、大豆イソフラボンには胸を大きくサイズアップするための女性ホルモンに似た働きがあるため、バストアップ効果が期待できるのです。

 

 

しかし、こうした情報によって豆乳を飲んでバストアップに成功する女性がいる一方で全く胸が大きくならずに小さいままの女性がいます。

 

つまり、豆乳のバストアップ効果には人によって違いがでているのです。

 

豆乳を飲んでも胸が大きくなる女性・小さいままの女性の違いは?

 

 

下記の画像をご覧下さい。

 

 

 

 

画像は中国人の男性です。
この男性は豆乳を実に約2年もの間飲み続けて画像のような胸になってしまったのです(推定Dカップ)。女性ホルモンがほとんどない男性でも豆乳を飲むとこれほど胸が大きくなるという衝撃の画像です。

 

 

 

この衝撃的な画像に写っている男性は豆乳を実に約2年もの間飲み続けたのですが、1年目にはすでにCカップになっていました。

 

 

しかし、注意しなければならないのは画像の男性のように誰もが豆乳を毎日飲み続ければ胸が大きくなるわけではないということです。

 

 

 

実は画像に写っている中国人の男性は自他ともに認める健康オタク。豆乳を飲み始めたのも胸を大きくするためではなく健康に気を遣ってのことでした。そして、男性は血行を促進する・新陳代謝を活発にする食べ物なども毎日のように食べていました。また、体に栄養がすぐに消化されるための植物を食べたり、吸収率をアップさせるために質の良い睡眠をとることなども心掛けていたということです。

 

 

つまり、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが最大限に吸収されるような体の土台つくりができていたのです。

 

 

豆乳を飲んでもイマイチ効果がない女性や毎日豆乳を飲み続けて長い期間がたっても胸が大きくならない女性はこうした体の土台つくりができていないんです。胸を大きくする体の土台つくりができていないのは血行不良・新陳代謝の悪化・質の悪い睡眠・栄養素の吸収率の悪さなどの阻害要因があるためです。こうした阻害要因を解消していかなければ、いつまでたっても豆乳の効果がきいてこないのです。

 

 

毎日豆乳を飲むことで安全にバストアップしたい人は豆乳の効果を存分に発揮させるための土台つくりを先にやるべきです。そして、豆乳で胸が大きくなっている多くの女性はバストアップにベストな食生活によってそれを実現しています。

 

豆乳の摂りすぎには要注意!

 

先の衝撃的な画像は豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きによって男性でも胸が大きくなるという衝撃的なものでした。

 

しかし、このような豆乳のバストアップ効果を期待して豆乳を過剰摂取すると多くの危険にさらされてしまいます。

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには多くのメリットがあります。

 

  • 骨粗鬆症の予防。
  • 胸を膨らませる働き。
  • 更年期障害の緩和。
  • 美肌効果。

 

メリットだけでも上記の4点があります。

 

適量を摂取していればこのようなメリットがある大豆イソフラボンですが、一方で過剰摂取すると以下のような危険性があるといわれています。

 

  • 乳房の腫れや痛み。
  • 乳房のしこり。
  • 乳がんの発症。

 

大豆イソフラボンの1日の上限摂取量は70〜75mgだと多くのドクターが仰っています。つまり、胸を大きくバストアップしたいがために1日の上限量以上を摂取すると上記のような危険にさらされてしまうのです。

 

 

こうしたことを避けるためにも適量の豆乳で最大限の効果が発揮される体の土台つくりが大切になってきます。

 

 

胸を大きくするためには大豆イソフラボンのような女性ホルモンに似た働きをもつ成分を体内に取り入れることは基本ですが、それが最大限に吸収されるような状態でないと意味がないのです。

 

そして最大限にバストアップできる体の状態にするためには栄養素の吸収を邪魔している阻害要因を解消していくことが最もベストな方法です。

 

  • 豆乳で安全にバストアップしたい!
  •  

  • 豆乳の効果がでる期間をできるだけはやめたい!
  •  

  • 豆乳の効果を最大限に引き上げたい!

 

胸を大きくしようと豆乳を飲んでいる多くの女性がこのようなことを思っています。それにはまず、先の衝撃的な画像に写っている男性のように胸を大きくするための土台つくりをしなければなりません。そのためには、それらを邪魔している阻害要因をサプリなどで解消することがベストです。

 

 

 

 

 

豆乳を飲むと胸が大きくなる。毎日食後に豆乳を飲んでいたらAカップだった胸がCカップになって2サイズアップできた。こういった情報が世の中に出回っています。たしかに豆乳には胸のサイズを大きくする働きがあります。これは豆乳に含まれている成分が関係しています。豆乳には健康的なさまざまな成分がありますが、その中でも女性の胸に関係しているのが大豆イソフラボンという成分です。大豆イソフラボンはホルモン型の乳がんの予防や骨粗鬆症予防などの働きもありますが、もっとも注目されている働きが女性ホルモン(エストロゲン)の代替の役割をするというものです。胸をバストアップするためには女性ホルモンが正常にバランスよく分泌されることが必須です。そして胸が小さい、Aカップしかない、または自分のバストサイズに不満があるという女性のほとんどが女性ホルモンで胸を大きくする働きのあるエストロゲンの分泌量が足りていないのです。豆乳にはこうしたエストロゲンの代わりとなる働きのある大豆イソフラボンが豊富なため、胸を大きくしたいと思っている女性が豆乳の効果に期待して毎日飲んでいるのです。しかし、豆乳だけを毎日飲んでいてもバストアップにはそれなりの期間が必要になってきます。なぜなら、いくら女性ホルモン(エストロゲン)の代わりの働きとなる大豆イソフラボンが効果を発揮しても、胸を大きくする豆乳の効果を阻害する要因が存在するからです。豆乳を飲んでも、いっこうに胸が大きくならない女性、豆乳の効果に期待して胸を大きくしようと思っても効果がないために長続きしない女性は先のようなバストアップを阻害する要因を解消しなければなりません。ストレス、睡眠不足、男性ホルモンの増加などこれらバストアップを阻害する要因はいくら豆乳を飲んでも解決しないのです。こうしたバストアップを阻害するいくつかの要因をしっかり解消するためにはそれを解消するための成分をバストアップサプリなどで取り入れることが大切です。